英霊来世-AreiRaise-ブログ

             来世と書いて読み方はライズ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 23を終えて | main | 23放送の感想 >>

23を終えて

忘れないうちにもう一つ。

もう一つ俺のコメントで使われていた部分。



「つまりウチにどろぼうに入ったらタダでは済ませませんよ?
 そうしないと泥棒入り放題に…。」


これでは
はぁ?何言ってんのコイツ。憲法の話しろよw

となってしまいますよね。


ここの前後はこうなってました。



オバハン 「こっちが軍備持たなければ攻めて来おへん思うネン。」
我々   「じゃあもし攻めて来ちゃったらどうします?」
オバハン 「そら攻めて来る前になんとかセナ。」
我々   「その"何とか"には例えばどんな方法がありますか?」
オバハン 「それはみんなで考えなアカン。」


とにかく向こう様は支那と両朝鮮は信用しまくってるお方。
テロップでも入っていましたがずっと議論は平行線のまま。
これはこれでTBS的には狙い通りだったんでしょうけど。



ここで俺がたとえ話を出して見た訳です。



例えば…。

『ウチの家は鍵かけませんから泥棒に入らないで下さい』
って玄関に張り紙したら泥棒は入りませんか?

と相手さんに投げかけてみた訳です。


ましてや極東アジアのご近所は厳重に鍵をかけて
日々泥棒撃退装置取り付けに余念が無い町内。

そんな宣言したところで泥棒は入るんです。
領海侵犯されっぱなしです。


国=家
東アジア=町内
軍備=防犯装置

に例えるなら

つまり憲法とは家=国を全力で守るという宣言なのでは無いか?

憲法は… 
で、O/Aで使われた上のコメントに繋がる訳です。




この例えを出したところ、小さい方のオバハンは素直に
「そうやなぁ」
と同意の姿勢を見せました。

そうするとデカい方のオバハンは慌てて止めに入り
キレてごまかす訳ですがw


あとオバハンたちが連発していた単語、
『グローバルな視点で…』

まぁ要するに9条を世界遺産に…とかいうまさに爆笑な問題なんですが、


彼女らのネタの中で
憲法9条が変わると…、

「込み合っている商店街を自転車で走る」
「キップ売り場で並んでる人がいるのに列の先頭で料金表を確認する」
「ファミレスのドリンクバーでティーパックを持ち帰る」


捕まる
というネタをやってました。

決めゼリフは…

「アンタ、チ・ツ・ジョ・イ・ハ・ンやでぇ〜」
ちょっと甘美な響きですがw





とにかく9条変えるとオバチャンがバンバン捕まる
    ↓
大阪のオバチャンは元気がなくなるー!
    ↓
大阪の町は死んでマウワーーーーーッ!

というオチでした。




漫才ネタにマジレスすると

これって単なるマナー違反ですよね?
つまりマナー違反できなくなると元気がなくなるから憲法変えるなと。

グローバルという割にはエラく個人的な理由なんですよね。


そもそも現行憲法でも
12条、13条の
「…常に公共の福祉の為にこれを利用する責任を負ふ」
「公共の福祉に反しない限り…」

とあるので改正しなくてもオバチャン行為は既に違憲な訳ですし。


グローバルってどんな意味だよwwwwwwww
という笑いを取ることには成功してるようですが。




あーこれ面と向かって言ってたらまたキレられるんだろうな〜。

と思いながらコレを書いたところで大発見!


ん〜〜。


相手の機嫌損ねてキレられると面倒くさい。

あ、護憲派の一番もっともらしい言い訳と一緒だw



とりあえず今日はこの辺で。












七生報國 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.areiraise.com/trackback/422004
この記事に対するトラックバック